ペットホテル 東京 FILOU(フィルウ)。獣医師が経営する安心快適な ペットホテル


予約

よもやま話

院長よもやま話

その10)ぽかぽか甘酒の作り方

フィルウで冬になると登場するのが、お米と麹で作った『甘酒』です。
甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど、ビタミンやミネラル、アミノ酸、糖分が豊富なので、寒い時期や消耗時のエネルギー補給にお勧めします。犬や猫が食べてももちろん大丈夫ですよ♪ただし、結構甘いので与える量には注意しましょう!

ではでは、せっかくですので簡単な作り方をご紹介します♪
【材料】
残りごはん、乾燥麹、水

【作り方】
1.残りごはんに水を加え、しばらく煮ておかゆにします。
2.おかゆができたら火からおろし、冷まします。
3.炊飯ジャーを保温状態にセットし、60度前後にさましたおかゆと麹を加え混ぜます。
4.5~8時間くらい、時々お米と麹を混ぜ合わせながら60度前後の温度を保てばできあがりです!

 【甘酒づくりの豆知識】
●ごはんと麹はだいたい同じ量を使えば大丈夫です(お米が100gなら麹も100gくらい)
●水の量は、結構適当で大丈夫です。
●炊飯ジャーで保温を保つ場合は、蓋を開けて濡れ布巾を蓋代わりにかぶせておきます。
●魔法瓶やヨーグルトメーカーなどを使っても便利です。
●白米だけでなく、玄米や雑穀を使ってもできます。

できた甘酒は、そのまま飲むもよし、ごはんに混ぜるもよし、サツマイモやカボチャ、ヨーグルトと混ぜ合わせて甘~いデザートとして食べるもよし!
どんどん活用してください♪

ちなみに、今年一番の甘酒は3時間で作成しちゃいました!ええ、そうです、超せっかちです(汗)
3時間だとまだお米の粒が粗い感じでしたが、それでも美味しくいただけました~♪

…とはいいましても、皆様にはちゃんとした時間発酵させることをおススメいたします(^_^;)

以上、院長のよもやま話「ぽかぽか甘酒のつくり方」でした。

一覧ページに戻る