ペットホテル 東京 FILOU(フィルウ)。獣医師が経営する安心快適な ペットホテル


予約

よもやま話

院長よもやま話

その26)乾物には要注意!?

『ダイエットさせようと思って朝晩のごはんをかなり少なくしているのに、ちっとも痩せません。どうしてなんでしょうか?』

こんなご質問をいただいて、はて?と思いよくよくお話を伺ってみると、
『ごはんは食べないけど、おやつや間食はしっかり食べてます!』ということは非常によくあります。

例えば、
●ごはんの他に乾燥ささみのジャーキーを食べている
とか、
●お留守番のお供に大きめのガムを食べている
とか、
●ドライフードにかつおぶしやチーズをトッピングしている
などなど。

飼主様的には、おやつは食事ではない認識になりカウントされづらいようですが、いえいえとんでもございません!、実はそこには大きな落とし穴があるんです。

乾燥ささみやガム、かつおぶしって、乾燥しているので軽く感じますが、生の状態に換算すると乾燥時の4~5倍くらいの量になります。乾燥ささみ1本(約15gほ ど)はおおよそ50~60gほどのささみを干したものなので、体重4kgくらいの犬だったら、乾燥ささみ1本で約1食分のたんぱく質量になってしまうんです。

ガムも牛皮を乾かしたものでできていますし、かつおぶしもお魚を乾かしたものですから、ささみジャーキーと同じように計算することができます。

どうでしょう、そう考えると、みなさまの愛犬・愛猫は、一日にどのくらいおやつを食べているでしょうか?改めて見直してみると、おやつとしてかなりのカロリーを摂取している、ということがあるかもしれません。

気がつかないうちにいろいろ食べさせてたかも!というみなさま、”ダイエッターには乾物は要注意!”とご記憶いただければと思います。

以上、院長よもやま話『乾物には要注意!』でした

≪ダイエットをサポート!≫
◆週に一度の半断食のお供に…栄養スープの素・ミツバチ花粉
◆代謝をアップ!…ミツバチ花粉・フィッシュオイル

※各種症状でお悩みの場合は、獣医師までご相談ください。

 (診察のご予約はこちら

一覧ページに戻る